コロナになった…その1「発症、覚悟。」

カタヨリ

いつかなる、そんな気はしてたけど…

1日目

とある休日の午前中、会社から連絡が。
告げられたのは同僚のコロナ感染。
朝起きた時から喉が痛く、気怠かったのを
前日の安酒のせいにしていた私は嫌な予感がした。
検温するも熱は無し。
体の怠さもあったが、二日酔いの名残りであることを
期待してもう一度布団に入った。
目覚めると期待に反して怠さが増し、明らかに熱っぽさを感じた。
37.8℃。
悪い予感が現実味を帯び始めた。
会社に連絡を入れ経過、状況を伝える。
同僚への聴き取りの結果、既に発症していたことが疑われる日に
私と同僚は長時間共に働いていたよう。
このご時世、マスクは当然していたものの、
仕事の都合上、体が触れ合う程に近付いて作業することも多々あったし、
腕と腕が触れることもあった。
思い当たる節と言えばその程度だけど、ずっと悪い予感は消えなかった。
(会社からの連絡を受ける前日、家族で外食した事も
記しておかないとフェアじゃないかもしれない)
この日から念のため、家でもマスク。
家族とは違う部屋で過ごして距離をとることに。
体調については、
いつもの風邪と本当に変わりがなく、発熱による
怠さくらいしか感じなかった。
だから、「悪くても風邪だろう」って思った。

2日目

検査

翌日、病院にPCR検査に。
喉の痛みは続いていたけど、朝にはう熱もほとんどなくなっていた。
病院との事前のやりとりで病院へは車で行くことに。
指定された9時半前には病院に着き、電話で到着を知らせる。
するとフェイスシールドやマスク、いわゆる感染予防対策がバッチリの職員が
歩いてきて、敷地内指定の位置に駐車して車内で待機するよう指示を受ける。
しばらくすると、さらにフルアーマーの如く完全防備した担当の看護師さんがきて、
具体的に①生年月日、名前
②症状、いつから体調が悪いか ③いつ何度の発熱があったのか
④その時、何か薬を飲んだか ⑤同僚とはいつ最後に仕事をして
その日何時間共に過ごしたのか。
⑥家族構成 ⑦ワクチン接種の有無、その完了日
等の聴き取りがあった。
その後、そのまま車の窓越しに抗原検査、PCR検査を受ける。
20分程度で結果が出るとのこと。
ワクチンも2回接種したんだから大丈夫。私の考え過ぎだ。
携帯をぼんやり眺めて時間を潰す。
しかし30分ほど経っても結果は伝えられず。
合間合間に担当の看護師さんがきては、
家族の勤務先、子供の通う学校、⚪︎日〜⚪︎日までの行動、
携帯番号等、細かく聴き取りが追加される。
もう察しがついてきた…。
そして検査から40分を過ぎた頃、ようやく陽性が強く疑われると告げられる
後から保健所から連絡が入るから、今からはどこにも寄らず、
このまま真っ直ぐ家に帰るように、と。
いざ確定してしまえば残念な気持ちもあるけど、スッキリもする。
どっちか分からない間の不安に比べれば。
上司に報告を済ませて車を走らせていると
「これが噂のコロナか」と、芸能人を間近にみたような、そんな気さえする。
でもその後、今日までの数日間の自分の行動が一斉に頭の中にフラッシュバックする。
心拍数が上がり、背中からじんわり噴き出る汗を感じる。
自分の行動で、身近な誰かに感染させてしまってはないだろうかと
考えれば考えるほど怖くなったし、嫌になった。

帰宅して

家に帰ると家族に結果を告げ、本格的な隔離生活に。
とは言え小さな子供がいる私には出来ることに限りがあるが。
検査の移動、その結果からくる心労、元々の体調不良から
ちょっと一休み、と思ったのも束の間。
いろんな所からひっきりなしに連絡がくる。
会社、身内、保健所。
休む間もなく対応に追われ、冷静を装いなんとかこなす。
未体験の、しかもあれだけ世間を騒がせている病気になる。
強がってみても、やっぱり不安な気持ちになった。
夕方、再度保健所から連絡があり今後の動きについて説明があった。
①血中酸素飽和度を測定するパルスオキシメーター貸し出しの要否
②自宅待機中の物資支援の要否
③今後の家族にかかる行動制限について(登校、出社について14日間の見送りが要請された)
④家族の検査について(後日家族分の検査キットを宅配するとのこと)
⑤今後の療養について
⑥自宅待機中の家での過ごし方、注意点
⑦自動音声式で健康観察記録を行う、HER-SYS(ハーシス)の可否
私が特に気になっていたのは⑤について。
ホテル療養か入院を原則してもらう必要があるとのこと。
それはしょうがないけど、もし他の家族にも感染していたら?
私たち両親が感染してしまっていたら?パートナーは無事で子供が感染していたら?
子供の面倒はどうすればいいのか。
正直少し寂しくもあった。
家族の検査が済んでいないので具体的な話は出来なかったけど、
担当者は親身に話を聞いてくれて、後日相談しましょうと言ってくれた。
その会話で少し安心できた。
数日以内には療養先について連絡があると告げられ電話を切った。

その夜

外が暗くなり始める頃になると、少し怠さが増してきた。

37.4℃。

喉の痛みが酷くなり、水を飲むのも痛かったけど

食欲がないこともなかった。

今のところ普段と変わりないパートナーが作ってくれた夕食を

押し込むように食べた。スープが有り難かった。

 

食後、体の怠さに経験則から少し嫌な予感がした。

早く寝てしまえばきっと良くなる、そう言い聞かせ

シャワー浴びた後、早々に寝た。

0時過ぎ、

あまりのしんどさに目が覚めた。

高熱が出ていることはもはや明らかで、発汗が凄い。

寝間着や下着は体にへばり付き、掛け布団まで濡れていた。

何より、とても緩く、そっと首に両手をかけられているような

息苦しさが不気味だった。

38.5℃。

今、救急車を呼ぶほど酷くは決してない。

今まで生きてきて、何度もこれ以上の高熱だって体験してる。

 

でもこのままもう一度目をつぶり、これ以上悪化していったら、

その両手がジワジワ緩やかにその力を強めて、もう起きる機会さえ

失っているかもしれない。

そんな嫌なイメージが割と濃く浮かんできた。

 

なんとか体を起こして、冷蔵庫に。

ガブガブ水を飲んだ。

この時まで薬は一度も使っていなかったけど

今、痩せ我慢してこの高熱を耐えるべきではでないと判断した私は、

家にあった解熱剤(カロナール500mg)を一錠服薬した。

その後は良くなることを願ってもう一度布団に入ること、

パートナーに「大丈夫」と強がることしか出来なかった。

 

眠れない布団の中で、ニュースやネットで得たコロナの情報について反芻する。

ワクチンのお陰でこの程度で済んでいるのか。

それともあまり効果がないのか。 無症状ってなに?

私だけ?みんなこうなるの?ならないの?

そんなことを頭に巡らせていると、気付けば眠っていた。

覚悟

翌朝、目覚めるとすっかり熱は下がっていた。

発汗は相変わらず、掛けも敷もカバーがベタベタになるほどだった。

私は冷蔵庫に行き、またガブガブ水を飲んだ。

恐る恐る家族の様子を見ると、ケラケラ騒ぎながらゲームをしたり、

ぼんやりテレビを眺めてたり、変わらずに元気そうだった。

 

もしまだ感染してないなら絶対に感染させたくない。

私はホテル療養をしようと、強く心に決めた。