ノラネコぐんだんSHOPが京都に!可愛すぎて財布フルオープン!


カタヨリ
めちゃくちゃ可愛いノラネコぐんだんグッズが目白押し!!
絵本。
リズミカルな文章や、お決まりの定型文、独特のタッチで描かれる世界観。
子供の頃、親に読んでもらったり自分で読んだり。
思い出の一冊を本屋で見つけたりすると妙にセンチメンタルな気分になったりする。
小さい子向けに描かれてるんだけど、物によっては絵本ならではの感触で大人の心にも刺さったりする。
「11匹のねこ」とか「おばけのアッチ」には本当にお世話になったわ。
今見てもキャラクターデザインが際立っていて可愛いんだよね。
あとは食べ物が出てくる話が好きだったなぁ。
コロッケやスパゲッティ。食べたことがなくても、
デフォルメされてリアルに描かれてなくても脳内では最高に美味しいんだよね。
そういった想像力を掻き立ててくれる作品が多かった。
今回ご紹介するノラネコぐんだんもそんな絵本のキャラクターのひとつ。
このキャラクター、最初の頃は一般的なネコの絵柄によせて描かれていた
んだけど、徐々に振り切れていって今のタラコくちびるな不思議なネコが誕生したんだよね。
所謂「置きにいった」王道のこういうーツデザインじゃない。
眼も下手したら小憎たらしい感じ。
だけど独特な愛嬌のある唯一無二キャラクター。
もうすっごい好き。
これでグッズ作られた日にゃあ…もう。
好きな形は事前に上限金額を決めてそれ以上入れて行かないことを強くお勧めします!笑
今回は「ノラネコぐんだんSHOP in KYOTO」に行ってきました!
   kodomoe HPより
JR京都駅にある伊勢丹の4階にて、11月18日から12月1日まで開催。
店内はこんな感じ。
4階の一角に展示ブースが設けられてる。
だからそんなに広い範囲ではないんだけど、そのスペースに所狭しと
グッズが並べられているの。
この一角に足を踏み入れた瞬間テンション激アゲ。
店舗正面には絵本を読んだことがある人にはお馴染み、
「反省ノラネコぐんだん」が鎮座。
グッズはトートバッグから絵本、子育て情報誌「kodomoe」のバックナンバー
(付録付き!欲しかったあの付録も…!。)、Tシャツ、ガチャガチャのフィギュアなどなど。
本当に可愛いの!
どれも可愛い、いっぱい欲しい!
興奮して買い過ぎるところだった。
これは一足先に行った友達からいただいたアイシングクッキー。
可愛くて食べるのもったいないくらい。
私が行った時にはもう無かった。
買ったのはこのアクリルピンバッチ600円と、
ガチャガチャのフィギュア1個400円(ガチャガチャの機械はなくて中身だけで売ってる)。
ガチャガチャの景品になってるのは知ってて欲しかったんだけど
売ってるところを結局見つけられずにいたから、ようやく、念願の。
めっちゃ可愛い。
反省ポーズたまらん。
子供連れの人も多かったけど大人も結構きてて人気の高さがうかがえた。
ただガチャガチャの機械がないからカプセルを振って中身を確かめる人が多発笑。
これはちょっとどうなのかなって思った笑。
「ペンペン」っていう、絵本の中に登場する可愛い子供のペンギンがいるんだけど
その「ペンペン」が当たりカプセルには入ってるの。
それってガチャガチャだから成立するけど、中身だけならまぁ、振っちゃうよね笑。
あと「ノラネコぐんだんをさがせ」ってワードラリーあって、
レジ横にある参加用紙をもらって、伊勢丹内に隠された8枚のポスターに書かれている
ワードを埋めると「ノラネコぐんだん特製ステッカー」がもらえるの。
こういうの子供はすごい喜びそう。
ただ百貨店特有の雰囲気があるから場所によっては探しにくい空気感はあると思う笑。
抹茶スイーツで有名な都路里ともコラボしてて伊勢丹6階にある「茶寮都路里」
ノラネコもみじパフェなるものも食べられるみたい。
私が行った時はすっごい並んでたから諦めちゃったけど。
ノラネコぐんだんグッズってほとんど通販でしか買えないし、品揃えも不明だから
実際こういう専門ショップに行くと「えっこんなのもあるんだ!可愛い!」
っていう発見があって楽しかった!
ただ好きな人は本当に衝動買い注意笑。
他のお客さんとかみてても客単価すごいよ笑。
気になる人はぜひ足を運んでみてね!
カタヨリ
やっぱり人がつくる創作物ってまだまだ無限の可能性があるなあ。