『かつおぶしチップス バリ勝男クン。』を食べる!!


カタヨリ
ありそうでなかった、かつおぶしチップス!!
鰹節。神が人に授けた知恵の結晶の一つ。ってまあ大袈裟に言ったけども笑。
作る工程考えたらもう、不自然極まりないよ?笑。 すっっごい手間かかってんの。
①釣ってきた魚捌いて、②煮て、③骨抜いたりして、④そっから何回も燻してってこんな事思いつく?普通もう食べるよね?骨抜いた時点で笑。 
しかもまだ工程は続いて、⑤燻した鰹の形整えたり浮き出た脂肪分を取り除くために表面削って、⑥敢えてカビつけてね(鰹節のためのカビ)
⑦何回も干して、鰹内の水分を極限まで抜いて、カビの働きによる発酵・熟成を行う。
で上記の工程の結果、カッチカチになってもう人が食べる領域の物ではなくなって。
「ああ、やり過ぎちゃったや〜、もうこれ食えねえってや。おめぇこんなカッチカチにしてどないすんだ?!犬も食わねどっ!!」
ってもうなるよ。絶対。
それを削る道具まで作ってよ。ふりかけたり、食べるだけじゃなく、湯につけて、せっかくあんな手間隙かけて作った肝心の身を捨てちゃって、
残り汁を啜(すす)ろうってんだからもう…。ど変態の領域笑。
これを昔の人が閃いて今に至るって…。 神か、宇宙人がいるとしか笑。
鰹節に今日も携わっておられる方々、本当にありがとうございます。
さあ、そんな鰹節をおやつにした商品!静岡のおみやげ!
シーラック株式会社より『かつおぶしチップス バリ勝男クン。』シリーズ!各130円前後。
私は知らなかったけど、もうすでに有名でかなり売れてるみたいね! 今回おみやげでいただいたので早速レビュー!!
中身はこんな感じ。いただきます!
んん、なんだろう、パリパリの中にたまにソフトなやつが入ってる、結構厚めに削ったかつおぶしを低温で焙煎したって感じ。
美味しいけどなんかね、食べ慣れた物じゃないから正直最初から手がのびるかって言ったら微妙ではある笑。
普段食べてる鰹節より厚めに削ってあるから鰹の風味もしっかり生きてて、「うん、まあこんなもんじゃない?」
って言いなが食べ始めて、気付いたらなくなってる。
めちゃくちゃ美味しい!!って物じゃないけど、なんか後引くって感じ。今回は、
「チーズ味」、「わさびマヨ味』、「一味醤油味」、「しょうが醤油味」+鯖イバル(これは鰹じゃない)
をいただいて、個人的に一番美味しかったのは「しょうが醤油」!
公式でもおすすめしてるけど、ビールのおつまみか、子供のおやつに良いね!
アーモンドフィッシュって小さい時食べるような甘辛いおやつ。
あれの違うバージョンみたいに子供に出してあげたら喜ぶかもね!
まあパッケージも可愛いし、インパクトあるから静岡に行った時は是非買ってみてね!
カタヨリ
パスタを家で食べる時、即席でも必ず味噌汁を用意して〆ます笑